Product
ルイヴィトン(1271) シャネル(1189) エルメス(586) グッチ(740) ミュウミュウ(121) プラダ(382) バレンシアガ(159) ボッテガヴェネタ(102) バーバリー(126) モンブラン(50) クリスチャンディオール(128) ロレックス(797) パネライ(125) ウブロ(83) カルティエ(254) フランクミュラー(89) ブルガリ(160) ガガミラノ(90) アディダス オリジナルス(74) セリーヌ(74) クリスチャンルブタン(65) エイプ(103) ビームス(8) コムデギャルソン(32) ネイバーフッド(13) ビズビム(60) マスターマインドジャパン(5) ドルチェ&ガッバーナ(61) モンクレール(130)
現在の場所:ホーム > 最新情報 > 在庫に何があるのか把握しておきましょう
在庫に何があるのか把握しておきましょう
在庫に何があるのか把握しておきましょう
 
毎日開店の前に、お店にどのクリエーション(商品)があり、どのサイズがあるのか、何が今切れているのかを把握しておく必要があります。それで時間をセーブできるのはもちろんですが、そうすることで、セールス•アンバサダーはいつもお客さまのそばにいることができます。
  出たり入ったりして、そのあげく手ぶらで戻ってくるといった事態を避けることができます。
  何が切れているかをつかんでおけば、代わりに何を提案すればよいか考えておくことができます。代わりのものがお客さまには適さないとしたら他の店舗に在庫があるだろうか?それを取り寄せることは可能か?今日のタ方あるいは明日入手できるか?品切れで、どの店にもないとき、注文して入荷するまでどのくらい時間がかかるか?商品が入手できたらお客さまは連絡をして欲しいというだろうか?自宅に届けてもらいたいと思うだろうか?
 開店前に限らず、日中、自分が在庫の最後の商品を販売したら、チームのほかのメンバーにそのことを伝えるべきです。そうすればチーム全貝が最新の情報をつかんでおけます。商品が入荷したら、それも伝えておくべきです。在庫を把握しておき、手に入らないものの代替案を用意しておくことは、セールス•アンバサダーのプロフエッショナルなイメージを高めます。