Product
ルイヴィトン(1456) シャネル(1365) エルメス(586) グッチ(764) ミュウミュウ(121) プラダ(382) バレンシアガ(159) ボッテガヴェネタ(102) バーバリー(126) モンブラン(50) クリスチャンディオール(138) ロレックス(797) パネライ(125) ウブロ(83) カルティエ(254) フランクミュラー(89) ブルガリ(160) ガガミラノ(90) アディダス オリジナルス(74) セリーヌ(74) クリスチャンルブタン(65) エイプ(103) ビームス(8) コムデギャルソン(32) ネイバーフッド(13) ビズビム(60) マスターマインドジャパン(5) ドルチェ&ガッバーナ(61) モンクレール(130)
現在の場所:ホーム > 最新情報 > スカート男土と呼ばれ街中で話題になった
スカート男土と呼ばれ街中で話題になった
近年「スカート男土と呼ばれ街中で話題になった、男が穿くスカートの流行は、2009年春夏のコムデギャルソン·オムプリュスが牵引したことは間違いない。同コレクションでは、多数のモデルがスカートを着用し独自のスタイルを強く印象づけ、閉塞的だったメンズフアッションに風穴寿開けた。
  過去には94-95年秋冬に「縮绒」素材の打ち出しとともに多くのスカートが登場しており、メンズのスタンダードの枠組みにジェンダーを越えたスカートを取り入れる試みは、ほかの多くのシーズンでも見られる。
  なお、最近まで某有名アメリカ人男性デザイナーが、タイトな白シャツに合わせて穿いていたスカートもコムデギャルソン製だ。  2004-09年に、コムデギャルソンが世界各地に突然のごンソペ出現させた期間限定店。商品販売もクリエイションの一部と考える、従来のシステムを壊した新業態だ。
  出店場所の基準は、フアッションのメインストリート以外の地域。04年2月にべルリン、3月にバルセ口ナ、5月にシンガボールと、次々に店をオープンさせた。
ユニークなのは、それぞれの店の経営をフアッション業界以外の異業種の人に任せたことにある。現地の坐者や食堂の経営者などが経営を担当し、パリのコムデギャルソンの会社が保有するデッドストック商品を販売。店舗も既存め施設を再利用した実験的なこの試みは、在庫の終了とともに幕を閉じた。  デザイナー川久保玲のクリ工イションをメディアは「パンク」「反抗」「自由」といつた一登葉で言い表すことが多い。