Product
ルイヴィトン(1456) シャネル(1365) エルメス(586) グッチ(764) ミュウミュウ(121) プラダ(382) バレンシアガ(159) ボッテガヴェネタ(102) バーバリー(126) モンブラン(50) クリスチャンディオール(138) ロレックス(797) パネライ(125) ウブロ(83) カルティエ(254) フランクミュラー(89) ブルガリ(160) ガガミラノ(90) アディダス オリジナルス(74) セリーヌ(74) クリスチャンルブタン(65) エイプ(103) ビームス(8) コムデギャルソン(32) ネイバーフッド(13) ビズビム(60) マスターマインドジャパン(5) ドルチェ&ガッバーナ(61) モンクレール(130)
現在の場所:ホーム > 最新情報 > 靴の専門アトリェーーメゾン•マサロ
靴の専門アトリェーーメゾン•マサロ
 靴の専門アトリェーーメゾン•マサロ
 
  歴史
  高級仕立て靴の工房メゾン•マサロは、現在の当主レイモン•マサロの親類が1894年に創立した。親類は、靴職人だったが、イタリアからフランスへと移民してメゾン•マサロを創立した。1894年のことである。レイモン•マサロが靴職人としてのキャリアをスタートしたのは1947年で、父親の時代にはおよそ300程度だった顧客の数は、2003年時点で3000以上にまで増えたということだ。2シャネルとの仕事
 
  「フランス•マガジン誌のインタビュー記事によれば、シャネルがメゾン•マサロに靴づくりをはじめて依頼したのは1957年であった。
 
  彼は、靴のデザインを始める前に、顧客の真のニーズを浮かび上がらせることに重きを置く。丁寧にヒアリングを行い、「私は、女性の足ではなく、頭の中を整える」のだと言う。マサロは、顧客が自分のための特別な靴をどういう背景と理由で説えよ、つとしているのか把握することが重要であると主張する。靴づくりのテクニックはもとより、顧客が持っ課題やニーズを明らかにし、最適な素材を組み合わせて靴に反映させるのも技術の一部である。
  顧客の目的に合い、かつデザインと履き心地のバランスが取れた靴を作るのは、容易なことではないだろう。マサロの顧客のように最高の品々を知り尽くした人々が相手とあっては、その困難さは計り知れない。困難はあれども数々の難問をこなして、得た経験と技術を蓄積する中で、マサロは名声を高めて来た。