Product
ルイヴィトン(1456) シャネル(1365) エルメス(586) グッチ(764) ミュウミュウ(121) プラダ(382) バレンシアガ(159) ボッテガヴェネタ(102) バーバリー(126) モンブラン(50) クリスチャンディオール(138) ロレックス(797) パネライ(125) ウブロ(83) カルティエ(254) フランクミュラー(89) ブルガリ(160) ガガミラノ(90) アディダス オリジナルス(74) セリーヌ(74) クリスチャンルブタン(65) エイプ(103) ビームス(8) コムデギャルソン(32) ネイバーフッド(13) ビズビム(60) マスターマインドジャパン(5) ドルチェ&ガッバーナ(61) モンクレール(130)
現在の場所:ホーム > 最新情報 > 機能性や快適さを追求したココ·シャネルの姿勢
機能性や快適さを追求したココ·シャネルの姿勢
   続いて発表したホワイトバージョンでは、セラミックにジルコニアが配合されるという独自の調合を施している(時計Begln責任編集、前掲書、33頁)。このセラミックは、使えば使うほど体温となじみ、着けている違和感を感じさせない配慮がされている。
  さらに、ダイヤモンドより硬いもので衝撃を与えでもしなければ、キズが付かないというこの素材は、数年経っても汚れたり色がくすんだりすることもない。経年変化に耐える素材であるとい、つ説明であった。ファッションに、美しさだけでなく機能性や快適さを追求したココ·シャネルの姿勢が、時計づくりにも再現されている。著者の知人で、高級品を知り尽くした女性が「J12」のホワイトモデルを愛用している。一見、重たくて邪魔に見えるその時計について「重たくてパソコンを使うのに邪魔ではないのですか?他に素敵な時計をいっばい持っているのに、どうしていつもその時計をつけているのですか?と尋ねると、「この時計は、着けていて疲れないし、モダンなデザインなのにギラギラしていなくて肌に馴染む」というようなことを言っていたのを思い出した。さまざまな高級ブランドを知り尽くし、美しいもの、本物に対する鋭い目を持つその女性の率直な感想は、著者が「J12」の魅力の秘密を知りたいと思うきっかけとなった。