Product
ルイヴィトン(1456) シャネル(1365) エルメス(586) グッチ(764) ミュウミュウ(121) プラダ(382) バレンシアガ(159) ボッテガヴェネタ(102) バーバリー(126) モンブラン(50) クリスチャンディオール(138) ロレックス(797) パネライ(125) ウブロ(83) カルティエ(254) フランクミュラー(89) ブルガリ(160) ガガミラノ(90) アディダス オリジナルス(74) セリーヌ(74) クリスチャンルブタン(65) エイプ(103) ビームス(8) コムデギャルソン(32) ネイバーフッド(13) ビズビム(60) マスターマインドジャパン(5) ドルチェ&ガッバーナ(61) モンクレール(130)
現在の場所:ホーム > 最新情報 > シャネル戦略
シャネル戦略

戦略(strategy)

  シャネルでは毎年ではないが、全社の指針となる「シャネルグローバルビジョン」が発表される。これが、いわば同社が目指す方向性として位置づけられている。
  2008年頭に発表されたビジョンは、「今もこれからもスタイルを発信し憧れを喚起する、究極のラグジュアリーメゾン」というものであった。「今もこれからも」という表現には、ブランドとしての永続性が表現されている。「スタイル」という表現には、フアッションを消えるものとし、消えることのない型としてのスタイルを重視した創始者ココ・シャネルの哲学が見られる。さらに、「究極のラグジュアリー」には、規格量産ビジネスとは対極にある、瞥沢?高品質といったものを提供する姿勢が読み取れる。
  「シャネルグローバルビジョン」の根底に流れ、受け継がれているのは、創始者ココ・シャネルが残した哲学や価値観である。これらに、時代や環境に合わせてさまざまな変化が加わるのだが、この、「変化し続ける」こと自体もまた、ココ・シャネルが残した価値観なのである。このように、シャネルの戦略は、経営スタイルや価値観から伝わる流れを継承して、形成されているものであると解釈できる。