Product
ルイヴィトン(1456) シャネル(1365) エルメス(586) グッチ(764) ミュウミュウ(121) プラダ(382) バレンシアガ(159) ボッテガヴェネタ(102) バーバリー(126) モンブラン(50) クリスチャンディオール(138) ロレックス(797) パネライ(125) ウブロ(83) カルティエ(254) フランクミュラー(89) ブルガリ(160) ガガミラノ(90) アディダス オリジナルス(74) セリーヌ(74) クリスチャンルブタン(65) エイプ(103) ビームス(8) コムデギャルソン(32) ネイバーフッド(13) ビズビム(60) マスターマインドジャパン(5) ドルチェ&ガッバーナ(61) モンクレール(130)
現在の場所:ホーム > 最新情報 > 一メイクアップ•グローバル•クリエイティィブディレクター
一メイクアップ•グローバル•クリエイティィブディレクター

一メイクアップ•グローバル•クリエイティィブディレクター

  シャネル社のメイクアップ製品は、メイクアップ•グローバル•クリエイティブディレクターを抜きにしては成立しない。シャネル社のメイクアップ商品の基盤をつくったのは、言うまでもなくココ•シャネルだが、ココの精神やアイコンを継承し、シャネルの事業3本柱の一つとして発展させた人物がメイクアップ•クリエイターである。シャネル社のメイクアップ製品の歴史において、ココを創生期とするなら、ドミニク•モンクルトワとハイディ•マウリッツのコンビが発展第1期、その後を継いだピーター•フィリップスが発展第2期になるだろう。

(1)ドミニク•モンクルトワとハイディ•マウリッッー発展第1期

  2007年までは、ドミニク•モンクルトワとハイディ•マウリッツの2人が、中核人物として多くのヒット商品を生み出した。代表作に、Vamp and Black Satin nail polishesや、ルージュ•アリュールなどがある。彼らは、化粧品だけでなく、店舗のコンセプトにも影響を与えている。2006年にアメリカでオープンしたストアは、二人が働くパリのストゥディオにインスパイアされたものだという。
  2005年に引退を決意して円滑な引継ぎを進め、2008年には、後継者のピーター?フイリップスが初のコレクションを発表し好評を得ている。