Product
ルイヴィトン(1456) シャネル(1365) エルメス(586) グッチ(764) ミュウミュウ(121) プラダ(382) バレンシアガ(159) ボッテガヴェネタ(102) バーバリー(126) モンブラン(50) クリスチャンディオール(138) ロレックス(797) パネライ(125) ウブロ(83) カルティエ(254) フランクミュラー(89) ブルガリ(160) ガガミラノ(90) アディダス オリジナルス(74) セリーヌ(74) クリスチャンルブタン(65) エイプ(103) ビームス(8) コムデギャルソン(32) ネイバーフッド(13) ビズビム(60) マスターマインドジャパン(5) ドルチェ&ガッバーナ(61) モンクレール(130)
現在の場所:ホーム > 最新情報 > ココ死後の空白時代
ココ死後の空白時代

ココ死後の空白時代

  ココ亡き後のシャネルの店では、それまでココの協力者として働いてきたスタッフらを中心に、従来通りオートクチュール事業を続けた。ココの遺産は、遺言によりスイスに設立された「コガ財団」経由で、店の従業員への年金や、若い芸術家への奨学金として使われることとなった。ココの最初の愛人であるバルザンも厩舎を経営していたが、ピエール•ヴェルタイマーも世界最高の厩舎をっくった人物として知られていた。ココ•シャネルが亡くなる6年前に死去した彼の後を継いで、1965年から経営の実権を握っていたのは、息子のジャツクであった。しかし、彼はヴェルタイマー家の家業の一つである馬のビジネスに熱心であったが、シャネルのビジネスにあまり興味がなく、ラグジュアリーブランドとしてのシャネルを積極的には経営しなかった。
  ジャックの数年間にわたる不作為によるミスマネジメントのせいで、アメリカ人は、「N5」は時代遅れで二流の香水だというイメージを持つようになっていたという。この状況に満足できなかった25歳になる息子のアランが1974年に跡を継いだ。彼は、モエ•エ•シャンドン社でのインターン経験以外にビジネス経験はなかったが、この商売に対する才覚があったことは、現在のシャネル社の状況から明らかであろう。現在は、弟のジェラルド•ヴェルタイマーとともにシャネル社の経営を行っている。
  アランが経営を引き継いだ時、「N5」はまだグローバル香水事業のリーダー的存在だった。当時、8億7500万ドルだったアメリカ香水市場では、4%のシェアを占めていたが、それは次第に落ちていった。アランはブランド立て直しに着手した。手始めに、アメリカ市場での「N5」イメージ回復に努めた(具体的な手法と結果については、第3章第1節の事例で示す)。また、化粧品事業や、生前ココが猛反対し続けたプレタポルテ事業を開始した。この時期に、後のシャネル社の事業に大きな影響を与えるキーパーソンが、何人か入社している。中でも大きな収穫は、1980年に入社させたキティ•ダレーソであろう。彼女が、カール•ラガーフェルドの中にシャネル復活の立役者としての才能を見出したと言ってもよいだろう。