Product
ルイヴィトン(1456) シャネル(1365) エルメス(586) グッチ(764) ミュウミュウ(121) プラダ(382) バレンシアガ(159) ボッテガヴェネタ(102) バーバリー(126) モンブラン(50) クリスチャンディオール(138) ロレックス(797) パネライ(125) ウブロ(83) カルティエ(254) フランクミュラー(89) ブルガリ(160) ガガミラノ(90) アディダス オリジナルス(74) セリーヌ(74) クリスチャンルブタン(65) エイプ(103) ビームス(8) コムデギャルソン(32) ネイバーフッド(13) ビズビム(60) マスターマインドジャパン(5) ドルチェ&ガッバーナ(61) モンクレール(130)
現在の場所:ホーム > 最新情報 > 燃焼時計で時計が身近に
燃焼時計で時計が身近に

燃焼時計で時計が身近に

  前述のような時計のほか、ものを燃やして、その燃える速さで時間の経過を計る時計も発明されました。それが「燃焼時計」です。
  燃焼時計にはとさまざまな種類のものがあり、ランプ時計、ロウソク時計、線香時計、香時計などがあります。また中国では火縄時計も作られました。
  ランプ時計では燃料液面が下降して目盛りを指し、ロウソク時計ではロウソクに刻まれた目盛りまでの燃焼で時間を計るなど、すべて燃焼時計は物質がその飛罷畜奪えて、もとの状能)ではなくなる時間を計ります。
  太陽の影の長さやその角度を測ったり、水や砂を移動させるのとくらべて、燃焼時計では精製された物質や製作された物体のあきらかな消費があり、豊かになった時代背景がうかがえます。
  実際、これらは、灯火の役割も果たしていました。また香時計に至ってはお香という文化を下動ぎにしており、なべて燃焼時計は日時計、水時計とくらべて、より生活文化と密着した時計といえるでしょう。
  一方これら各種の時計は、時刻の基準となり、教会などさまざまな公の施設で時報の鐘が鳴らされ、市民の生活に「公的な時間」の概念をしっかりと根づかせることになりました。